施工事例

施工事例

寒くてしょうがない。 そんな一言からリフォーム

 TK邸

寒くてしょうがない、本当に暖かくなるの?ご主人のそんな一言からリフォームが計画されました。
 限られた予算の中で優先順位をつけて、工事の計画を進めました
 既存リビング・キッチンを片流れの屋根を利用して、小さなロフト付きのLDKにリフォームしました。
 解体部分が部分的なため、既存床下・天井は、気流止めを施工し既存GW断熱材の上に新たに断熱材を
 施工しました。
 開口部は新設部分アルミPVCペアガラス+ハニカムサーモスクリーン、既存部分は既存サッシ内側に樹脂製
 サッシを 新設し強化した。
 リビングには薪ストーブを設置して1台で暖房しています。  

tk-Reform001

 

 

掃き出し窓は室内に収納棚などを置く事ができないので、高窓に換え出窓風にリフォーム。
室内に光を取り込めるように高い位置に取り付けます。

 

 

 

tk-Reform002

 

 

 

既存天井を解体し、片流れの屋根に高性能GW
200㎜を施工、キッチンの上部にはロフトを造れる
スペースが生まれました

 

 

tk-Reform003

 

 

 

和室既存アルミサッシの内側には、樹脂製の内窓を
追加、冷気の浸入、結露を抑える事ができます。
家の全ての窓に内窓を追加しました。

 

 

 

 

 

 

tk-Reform004  

  

薪、ペレット兼用のストーブです。間仕切りのドアを
締めずに家全体を暖房します。

 

 

 

 

 

 

 tk-Reform005 tk-Reform006

畳4枚分のロフトができました。書斎のような使い
方ができそうです。夏はロフト北側の窓を開けると
天井の暑い空気が抜けていきます

tk-Reform007

 

天井に隠されていた梁・束を塗装し高く開放的な
空間に仕上がりました。
天井・壁は杉板、白い部分は珪藻土クロスで仕上げています。
壁100ミリ・天井200ミリの高性能GW、既存天井はブローイングGW300・間仕切りの床下+天井には気流止めを施工しました。
結果押入れや間仕切り壁付近の結露の発生がなくなりました。